w'ANDのつれづれノート

w'AND illustration代表の佐藤祐輔が考える絵のこと、仕事のこと、社会のこと・・・そんなことを日々つづっていきます。

絵描きのためのビジネス戦略6〜確率と行動指針〜

w'AND illustration代表の佐藤祐輔です。 これまで“ポジショニング”、“ターゲッティング”、“コンセプト”とビジネス戦略の基礎になる考え方をご紹介してきました。今回は少し趣向を変えて、具体的な行動指針を売上目標から導き出す、という話をしましょう。 …

絵描きのためのビジネス戦略5〜自己満足と顧客満足〜

w'AND illustration代表の佐藤祐輔です。 前回、前々回で“ポジショニング”と“ターゲッティング”についてお話ししました。 ここですこし補足しておきます。 “ポジショニング”“ターゲッティング”は自分の仕事を絞り込むために行うものです。 絞り込む、とは自…

絵描きのためのビジネス戦略4〜効率とターゲッティング〜

w'AND illustration代表の佐藤祐輔です。 最初に、前回の“ポジショニング”について補足があります。 絵描きが市場に対して自分のポジションをとる場合、大まかに三通りの考え方があります。 自分の描いている絵に合わせてポジションをとる 自分がねらいたい…

絵描きのためのビジネス戦略3〜絵描きとポジショニング〜

w'AND illustration代表の佐藤祐輔です。 3週間ほど間があいてしまいました。 この間、w'ANDをとりまく状況が大きく変わってきました。 具体的な内容はまだお話しできません。 5月後半にはなにかしらご報告できるかと思います。 さて、“絵描きのためのビジネ…

絵描きのためのビジネス戦略2〜収益をあげることが大前提〜

w'AND illustration代表の佐藤祐輔です。 前回から“絵描きのためのビジネス戦略”と題した記事を書き始めています。 私自身も含め、日本のアーティストの皆様がアートで自立できることを願ってのことです。 「絵で食っていくなんて無理」 世間ではそんな声が…

絵描きのためのビジネス戦略1〜経済的自立はなぜ必要か〜

w'AND illustration代表の佐藤祐輔です。 これまで「なぜ絵描きにビジネス感覚が必要か?」という記事をいくつか描いてきました。 それらの記事は今思うと、「じゃあ具体的にどうしたらいいの?」という疑問には答えていませんでした。 そこで、これから何回…

絵描きがギャラリーと決別すべき理由

w'AND illustration代表の佐藤祐輔です。 ここで何度も書いているように、私は「アートをビジネスとして成立させる」ことを目標の一つに掲げています。 事業を立ち上げるとき、その目標の最大の弊害になるのがギャラリーである、と考えました。 私は当面の間…

“平均値”は人をだます

w'AND illustration代表の佐藤祐輔です。 ビジネスを行っていく上で、数字は意思決定のための協力なツールになります。 w'ANDでは「アートをビジネスとして成立させる」ことを目標のひとつに掲げていますので、ビジネス的な観点、つまり数字を使った意思決定…

金融業者としての覚悟

w'AND illustration代表の佐藤祐輔です。 「アートをビジネスとして成立させる」 w'AND illustrationが掲げる目標のひとつです。 この目標の実現のため、さまざまな業界の方とお話しをする機会を作っているところです。 コンサルティング、医療、金融、不動…

ブログ毎日更新を一日休んでみました。

w'AND illustration代表の佐藤祐輔です。 31日間続いてきていたブログの毎日更新を休みました。 花粉症なのか風邪なのか、くしゃみ鼻水、目のかゆみがひどいのにくわえ、連日の外出もたたって疲労がたまっていたためです。 顔の周辺がずっともやっとするよう…

桜の小盆栽、あるいは可能性の総体

w'AND illustration代表の佐藤祐輔です。 先日、桜の小盆栽を購入しました。 丸ビルの植木屋さんで見かけ、ずっと気になっていたのです。 お目当ての桜はもう売れてしまっていましたが、なかなかかわいらしい枝振りの桜が手に入りました。 花はもう終わって…

料理で鍛えられる4つのビジネススキル+α

w'AND illustration代表の佐藤祐輔です。 今回は「料理はビジネススキルを磨くのに最適である」ということをお話ししましょう。 Cooking! / Webb Zahn 料理をしていると、五感(視覚、聴覚、触覚、嗅覚、味覚)を全部使います。 舌で味を確認するのはもちろ…

夢・野心・挑戦

w'AND illustration代表の佐藤祐輔です。 「女にも野心がある。ただ、女はそれを夢と呼ぶのです。」 中央線に乗っていると、東京経済大学のこんな広告コピーが目に入ってきます。 このコピーに対してネット上に「単なる言葉のすりかえ」という批判が散見され…

五感を研ぎ澄ましてビジネスに取り組むべき理由

w'AND illustration代表の佐藤祐輔です。 本田宗一郎さんのこんなエピソードを聞いたことがあります。 レース場でマシンの性能チェックをしていたときのこと。本田宗一郎さんは路面に腹這いになって表面を観察し、触って感触を確かめ、路面を伝わってくるマ…

ブレーキは安心してアクセルを踏み込むためにある

w'AND illustration代表の佐藤祐輔です。 先日、ファーストヴィレッジ株式会社さんが主催する経営者向けセミナーに参加してきました。ファーストヴィレッジさんの社長である市村洋文さんを含め、4社の代表の方が講演をされました。 市村社長は学生時代、学生…

スヌーズレンとアートが拓く可能性

w'AND illustration代表の佐藤祐輔です。 “日常におけるアートの役割と効果”の中で、建築医療という学問分野をご紹介しました。クリニックの建築物、その外装や内装そのものが治療効果に影響を及ぼす、という考え方です。 これと似た考え方に“スヌーズレン”…

リスクをとる〜安いものには理由がある〜

w'AND illustration代表の佐藤祐輔です。 昨年に初めてお会いしてからなにかとご縁のあるego factoryの阿部さんと打ち合わせをしてきました。 阿部さんは「a・priori」(アプリオリ)というフリーペーパーを発行しておられます。 フリーペーパーといっても、…

長財布とお金のキモチ(あるいは付喪神)

w'AND illustration代表の佐藤祐輔です。 先日、長財布を買いました。 革製で、深い緑のものです。 もともと、事業用に通帳が入るものを、と探していたのですが、なかなか「これ!」というものに出会えませんでした。 法事で新宿に出ることになったため、帰…

【震災関連】世界がひっくり返った日〜東日本大震災回想〜

w'AND illustration代表の佐藤祐輔です。 今回は東日本大震災当日に起こったことを記します。なかにはあの日のことを思い出すのも辛い方もいらっしゃるでしょう。もし辛いと感じられたら、どうぞこのウィンドウを閉じてください。 こうしてあの日のことを書…

夢を語る

w'AND illustration代表の佐藤祐輔です。 私の理想は「絵を描くことがビジネスとしてきちんと成り立つこと」です。 絵がビジネスとしてきちんと成り立つようになれば、日本のアート文化が発展すると考えるからです。 dream, interrupted / Robert Couse-Bake…

豊かな色彩に満ちた世界

w'AND illustration代表の佐藤祐輔です。 私の絵の中から一枚、ご紹介します。 "Meet You"というタイトルの絵です。 セラピールームすずき様で昨年、レンタルしていただきました。 その一部を拡大したものが下の画像です。 ちいさくちょこんといる“ひつゅじ”…

“2つの工場”の思考実験〜“思い”とは何か?〜

w'AND illustration代表の佐藤祐輔です。 昨日の記事“与沢翼氏と絵描きとしての矜持”で「自分の愛着のある商品は大切に扱ってほしい」ということを書きました。 ひとつひとつの絵には私の「思い」がこもっています。 手作りの商品にはよく「作り手の思いがこ…

与沢翼氏と絵描きとしての矜持

w'AND illustration代表の佐藤祐輔です。 与沢翼氏という方が話題になっているようです。 1月13日から2週間、関東のJR前線に黄色の広告を出していたのを目にされた方も多いことでしょう。 (“与沢翼氏の総額3800万円かけた『JR広告ジャック』が話題に”) ご…

あまりきれいではない共感覚

w'AND illustration代表の佐藤祐輔です。 みなさんは“共感覚”というものをご存知でしょうか? ある音を聞くと色が見えたり、数字が色に見えたり、味が触った感覚として現れたり。 このようにある感覚が別の感覚と結びつく現象を“共感覚”と呼ぶのだそうです。…

【震災関連】東日本大震災で学んだ知っておくと便利な6つのこと

w'AND illustration代表の佐藤祐輔です。 東日本大震災から間もなく丸2年。 先日も“理不尽さとともに生きる〜東日本大震災から2年目に思うこと〜”という記事を書きました。 被災者の視点から、もう2、3の記事を書いていこうと思います。 今回は地震のときに…

【絵のこと】循環システムとしての植物

w'AND illustration代表の佐藤祐輔です。 私は「循環」の考え方をとても重視しています。 とくに植物はその「循環」の象徴であると考えています。 先日、ツーバイフォー建材を組み上げて壁を本棚にしました。 (“憧れの壁面本棚を2x4木材15本で手作りしまし…

次世代に手渡すのは「生きる術」

w'AND illustration代表の佐藤祐輔です。 ちかごろよく、「自分の次の世代」のことを考えます。 いまはまだ、自分の仕事を軌道に乗せるのが最優先です。 けれど、まだ「その先」があります。 年齢を経ていくにつれ、ともに仕事をしていく相手はどんどん年下…

理不尽さとともに生きる〜東日本大震災から2年目に思うこと〜

w'AND illustration代表の佐藤祐輔です。 もう間もなく、東日本大震災から丸2年になりますね。 そろそろあの地震があったことを忘れた方もいることでしょう。 私は東日本大震災の被災者です。 当時、私は仙台に住んでおり、職場であの地震を体験しました。 …

絵描きにもビジネス感覚が必要な理由

w'AND illustration代表の佐藤祐輔です。 私は「絵を描くこと」をきちんとビジネスとして成立させたいと考えています。絵描きとビジネスとは一般的にあまり結びつかないと考えられているのではないでしょうか。こんなふうに考える方もいらっしゃるかもしれま…

名刺は紙までこだわりたい

w'AND illustration代表の佐藤祐輔です。 遅ればせながら、2月に入ってからw'AND illustrationの名刺が正式に完成しました。 まずホームページを完成させてから、と考えていたからです。名刺にURLを載せているのにいってみたら「Under Construction」では格…

「人に嫌われること」はもっと自由になるための戦略である

w'AND illustration代表の佐藤祐輔です。 「誰かに嫌われても平気になること」 w'ANDの仕事を進めていくにあたって決めたことです。 仕事だけでなく、普段の生活のなかでも重要なことだと思っています。 その理由についてお話ししたいと思います。 「嫌われ…

早起きは良いものです

w'AND illustration代表の佐藤祐輔です。 デザイナーなどのいわゆるクリエイティブ職は「夜が遅く徹夜もしょっちゅう」と思われていることが多いようです。 先日参加した異業種交流会でも、「徹夜とか多いんですか?」と訊かれました。 Aube-11-1024 / Aube …

日常におけるアートの役割と効果

w'AND illustration代表の佐藤祐輔です。 私は絵を描くことを生業としています。 といっても、小難しい顔をして「芸術とは〜」とか「人間存在とは〜」なんて哲学を語ってしまうようなものではありません。 私の絵をふと目にした人がほっと安心できたり、うれ…

憧れの壁面本棚を2x4木材15本で手作りしました

w'AND illustration代表の佐藤祐輔です。 この土日を利用してDIYしています。 2x4木材を使って壁面を本棚にしました。パートナーの発案です。 おしゃれなブックカフェのようなたたずまいになりました。 すっきりした見た目ですが、収納ボリュームもなかなか…

お金の超初心者がお金の勉強をするのに使ったサイト3つ+本4冊

w'AND illustration代表の佐藤祐輔です。 恥ずかしながら、これまでお金についてほとんど知りませんでした。 ほんの少し、株式投資、外貨預金、純金積み立てについて自分でやってみた程度です。 会社員をしていればお金は毎月入ってきますし、税金についても…

「継続する意志」を鍛えるたった5つのコツ

w'AND illustration代表の佐藤祐輔です。 昨日(2月21日)に“ダイエットにおける継続の価値”という記事を書きました。 ダイエットに限らず、継続することは大事なことだと考えています。 けれども「やろうと思ったことがなかなか続けられない・・・」という…

ダイエットにおける継続の価値

w'AND illustration代表の佐藤祐輔です。 グラフをひとつ、お見せします。 これは私の体重の変化を記録したグラフです。 昨年の8月から約半年間、ほぼ毎日計測しました。 昨年8月で約70kgと一番太っていた時期です。定期健康診断でもなんらかの対処が必要な…

顧客におびえる日本人〜お客様は神様じゃない〜

w'AND illustration代表の佐藤祐輔です。 サービス残業、セクハラ、痴漢えん罪、いじめ問題・・・ これらには共通点があります。 「傲慢になった顧客とそれにおびえるサービス提供者」です。 それが日本の産業構造をゆがめているように感じます。 三波春夫か…

「成功法則」があなたの役には立たない本当の理由

w'AND illustration代表の佐藤祐輔です。 みなさんは巷にあふれる「成功法則」を試してみたことがあるかもしれません。それは本当に効果があったでしょうか、思い出してみてください。 私はいわゆる「成功法則」に懐疑的な立場をとります。今回はその理由に…

寒さは幸せの象徴〜高架下のつららに思う〜

w'AND illustration代表の佐藤祐輔です。 昨日、2月17日の午前中はとても寒かったですね。 買い物に出かけたとき、とてもおおきなつららを見つけました。 家の近くを総武線が走っています。 その高架下に長さ40cm以上はあるような、とても長いつららができて…

ビジネスで成功する「ネガティブ思考」が流行!? でもその前に・・・

w'AND illustration代表の佐藤祐輔です。 「ビジネスで成功したい!」と思われる方は多いでしょう。そんな方のために気になる記事があったのでご紹介します。 ネガティブ思考が流行する!? phot134 / using Flickr software 最近「ネガティブに考えること」…

"meet you" 作品レンタル事例

w'AND illustration代表の佐藤祐輔です。今回は作品レンタルの事例をご紹介します。 愛知県の女性専用リフレクソロジーサロン"セラピールームすずき"様にイラストを一点、レンタルいただきました。鈴木様とは2011年に通っていたカウンセリング・コーチングの…

みそ汁騒動がおしえてくれたこと

w'AND illustrationの佐藤祐輔です。 昨日の夜、友人たちとご飯を食べにいきました。 コーチング、カウンセリングを基礎から身につけるCEL講座で共に学んだ仲間たちです。 講座中に何度かきたことのあるとてもおいしい創作和食のお店。そこでのできごとでし…

営業嫌いの背後にあるもの

w'AND illustrationの佐藤祐輔です。 2月11日に“「良いものはかならず売れる」のウソ”という記事を書きました。 どんなに良いものでも存在を知られなければ売れるはずがない 自分が思う“良いもの”と人が思う“良いもの”はかならずしも一致しない という2点に…

「良いものはかならず売れる」のウソ

w'AND illustration代表の佐藤祐輔です。 先日、“あなたはゴミを売れますか?”という記事を書きました。 ニューヨークではゴミや汚水が売られ、しかも売れています。 パソコンやテレビはどんなにハイスペックで低価格なものでもなかなか売れていません。 ど…

【お知らせ】ホームページができました。

w'AND illustration代表の佐藤祐輔です。 今回はお知らせです。 2013年に入ってから準備を進めてきたw'AND illustrationのホームページが完成しました。 w'ANDのビジョンをお伝えするページ w'ANDのイラストレーション、グラフィック作品をご紹介するページ …

あなたはゴミを売れますか?

w'AND illustration代表の佐藤祐輔です。 「ゴミが人気商品として売れている」という話を聞いたら、みなさんはどう感じるでしょうか? 「ゴミなんて売れるわけがない!」 「ゴミを買う人の気持ちがわからない!」 「ゴミを売るなんてとんでもない!」 こんな…

不死鳥をモチーフにした名刺

w'AND illustration 代表の佐藤祐輔です。 今回は制作事例のご紹介です。 ナチュラルセラピストの吉川様より、不死鳥をモチーフにしたイラストとそれをあしらった名刺のオーダーをいただいておりました。 虹色の長い尾をもつ、水色の不死鳥です。 先日、無事…

成功の基準〜絵描きは貧しくなければならないか?〜

こんにちは。 w'AND illustration代表の佐藤祐輔です。 一般には「絵では成功できない」という想いが多々あるのではないでしょうか。 なかなか食えない絵描き同士が貧乏自慢をし合う、というのはよくある光景です。 まるで「絵描きは貧しくなければならない…

なぜ絵をかざるのか?〜ごあいさつにかえて

はじめまして。 w'AND illustration(ワンド・イラストレーション)代表の佐藤祐輔です。 みなさんはなぜ絵をかざるのか、考えたことがありますか? w'AND illustrationでは、「絵をかざることは自己表現である」と考えます。 素敵なやさしい雰囲気のカフェ…